データベースが作成されていないか、作成されたデータベースが非公開扱いになっています。

 

iframe

URLが登録されていません。
カワラヒワ (河原鶸): スズメ目/アトリ科   大きさ 15cm
カワラヒワは、低山から低地の森林に広く生育するが、近年は、都市部の公園や川原でも見かけることが多く、そんなに珍しい鳥ではない。 全身黄褐色だが、飛翔時は黄色帯が鮮やかでよく目立つ。大きさはスズメくらいで、主に植物食中心でヒマワリなどの植物の種子を食べる。
泣き声は「チュウーン」「キリキリ」と土鈴のような泣き声をして、数羽で群れになっていることが多い。
 
PAGE TOP